J.L. Møllers

1944年デンマークのオーフス中心部の小さな作業場で、Niels Otto MøllerによってJ.L. Møllers Møbelfabrikを設立、2年後には初めての椅子製品が発売されます。1952年よりドイツやアメリカなどへ輸出を始め、現在ではヨーロッパ各国、カナダやオーストラリアにも卸売店と提携、1974年からは日本への輸出を始めました。
1981年に "Dansk MøbelIndustri’s Furniture Prize" 賞を受賞し、「現代の家具製造とクラフト伝統を結びつける能力を持ち、常に高い品質水準を保っている。」と評価されます。全ての家具は熟練した職人により自社工場で製作することにより、会社の最終的な目標である "製品の品質の高さ" を保証しています。