1918年デンマークのコペンハーゲン生まれ。照明の BUBI(PANDUL)や銀食器、磁器などをデザインした、世界的に有名なデザイナー。
1936年〜1937年にデンマーク王立美術院で絵画と彫刻を学び、1938年からはパリへ移り美術を学ぶ。第二次世界大戦後の1945年、Georg Jensen にて銀食器のデザインを始め、デンマークでの銀食器の伝統を改新した人物である。
1954年にデザインしたエレガントな曲線を持つ銀食器は彼の最も有名な作品となり、現在では特別注文のみでしか生産されておらず、高額な価格で販売されている。デンマークのみならず海外の多数の展示会に出品されており、デザイン博物館などにも展示されている。
イタリアのミラノ・トリエンナーレで過去3回にわたり金賞を受賞、その他にもアメリカ、ドイツ、デンマークなどで数々の賞を受賞。
PANDUL の BUBI 照明は、天気の良い夏の日、自身の庭で孫の画を描いている際にユニークな形状のアイディアが浮かび創り出されたと言われている。
高さも多様に配置ができるペンダントタイプ、床や棚などに置いて使用するフロアタイプの、多種多様な用途であらゆる角度で美しい形状を表す。