1938年生まれ。デンマークのデザイン学校で家具職人になるための教育を受けたのち、コペンハーゲンでデンマークの家具職人である C. B. Hansen のワークショップで技術を学ぶ。その後、家具デザイナー Grete Jalk のもとに就き、その期間様々な技術を取得する。
1957年から1959年に、家具職人としてデンマークの家具職人/家具デザイナーの A. J. Iversen と働き、1968年から1969年には建築家/デザイナーでもある Arne Jacobsen のスタジオで学ぶ。
建築家/デザイナーの Mogens Koch、建築家の Steen Eiler Rasmussenと協力しながら、技術研究所の開発業務を担当。その頃に、Tip Top 照明(PANDUL)をデザインする。
1973年に個人事業を始め、1987年には49歳の若さで芸術校の教授を務める。
1982年に Crestrail チェアをデザイン。大きくカーブした背もたれとアームレストが特徴のこの椅子は、Gammelgaard の代表作ともいえ、生産後は多くの公共施設や介護・福祉施設などにて使われている。
デンマークデザイン協会と芸術工芸協会の両方から年間賞を受賞した、初めてのデザイナー。