1912年生まれ。家具デザイナーとしては異色の経歴を持っており、デンマークの第3の都市オーデンセで造船技師のキャリアを積んだ後、デザインへとキャリアを移す。家具デザイナーとして、1930年代から1940年代に掛けて活躍した E. Knudsen のスタジオで勤めたのち、1947年に個人のスタジオを設立、当時のデンマークの有名メーカー Jason Møbler、Brande Møbler、KP Møbler などと仕事をする。
KP Møblerで製造されていた、KP180キャビネット、KP179サイドボードが有名。
特にオーク材とレザーの組み合わせを好み得意とする Østervig は、船室、ホテル、映画館や特別養護老人ホームに置かれる特注家具を多く残している。
Strit シリーズは、1960年代に Jason Møbler の為にデザインされる。彼の独特的なデザインは国際的に関心を広げ、Strit Chair は、ニューヨーク近代美術館に展示され有名デザイナーの一人となるきっかけをつくる。デニッシュインテリアスでは Strit Chair と同時に、同年代に Jason Møbler で製造されていたセンターテーブル Strit Table を日本で復刻した。