Kasper Salto
1967年コペンハーゲン生まれ。1994年にデザイン学校を卒業。その後 Rud Thygesen のもとで働き、自身のキャリアに影響を与えることになる Peter Staerk に出会う。1997年にデザインした椅子は、Peter Staerk によって海外でも有名な作品となる。1998年に個人の事務所を設立。

Thomas Sigsgaard
1966年コペンハーゲン生まれ。1995年に美術学校を卒業後、2001年まで建築関係の仕事に就く。その後個人デザイン事務所を設立し、特に個人顧客に向けたデザインをする。2001年から2006年まで建築デザインプログラムで講師を務める。

Salto & Sigsgaard
2005年に事務所を設立。"National Arts Foundation" をはじめ数々の賞を獲得。2011年、ニューヨークの国際連合本部ビルで使用する為に、ONECOLLECTION の "Council chair"を デザイン。