House of Finn Juhl / Onecollection


Onecollectionは、1990年に "Hansen & Sørensen" として創業し多くのデザイナーや建築家とコラボレーションしながら最新のデザインを発信してきました。
1998年にフィンユールの夫人の依頼で、最初のフィンユールデザインの復刻となる "Sofa No.57" を手がけ夫人の信頼を得て、『Finn Juhlの作品はすべてOnecollectionから』という夫人の意思のもと2000年に "Poet Sofa", "Pelican Chair" の復刻量産化を果たし名作 "Chieftains Chair" や "Chair No.45" を含む15種類以上のコレクションを製造をしその優れたデザインを世界中に紹介しています。
そのユニークなデザイン故に量産が難しいと言われるフィンユールの家具ですが、Onecollectionは独特のアプローチで最新の技術を取り入れ、従来以上に高い品質を保ちながら芸術作品やコレクターズアイテムではなく ”優れた家具” としてフィンユール作品を製造しています。
現在では、フィンユール家具のほとんどすべてのライセンスを保有し新たにフィンユールデザインの家具の復刻を許されている世界で唯一のメーカーです。

現在は、Finn Juhl作品の復刻で培った技術と品質を信頼され Nanna & Jørgen Ditzel や Tove & Edverd Kindt-Larsen などの有名デザイナーのライセンス保有者から依頼を受け、その復刻・製造も行っています。

Onecollectionは創業以来、多くの優れた北欧のデザイナーや建築家と共に物件向けの家具を作り続けていす。その製品の多くはデンマークだけでなく、他の北欧諸国をはじめヨーロッパやアメリカ、アジア、オセアニアにも輸出され多くの物件に採用されています。
2007年に "Erik Boisen" と提携し社名をそれまでブランド名として使用していた "Onecollection" と変更し Erik Boisen の持つコントラクト家具の優れたコレクションを加え現在も多くの北欧デザイナーの作品をプロデュースし続けています。